銀行カードローンとその他のカードローンの法律上の違い

カードローンと名前がついていますが、銀行が提供するカードローンと銀行以外の貸金業者が提供するカードローンでは決定的な違いがあります。

法律からいえば、銀行は銀行法で規制され、銀行以外は貸金業法で規制されます。
2010年からの改正貸金業法によって、貸金業者は年収の三分の一以上の融資はできなくなりました。これを総量規制と言いますが、もともとは多重債務者問題が社会問題になって法律の規制ができました。しかし、この総量規制の対象となるのはあくまで貸金業法で規制される貸金業者だけで銀行法で規制される銀行には総量規制は適用されません。銀行は年収の三分の一以上でも融資することができるということです。

これはもちろんカードローンにも当てはまりますが、総量規制がないからと言って銀行から融資を受けやすいということでは決してなく、カードローンだけではなく銀行から融資を受ける場合には貸金業者よりもより厳しい審査を通過しなければならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>